ブログ

  • HOME > 
  • ブログ > 
  • ラジオホームドクター出演~胆石のはなし②…
2021.12.07

ラジオホームドクター出演~胆石のはなし②~

今回は先日お話した~胆石のはなし~の続きです。前回は主に胆石の概要とその症状について話させて頂きましたので、今回は胆石の診断とその治療について説明していきます。

まず胆石はどのように診断されるのでしょうか?

胆嚢に石がある場合は、腹部超音波検査が最も役立ちます。腹部超音波検査は、プローブと呼ばれる小さな装置を聴診器のようにお腹にあてるだけの検査のため、体への負担がないというメリットがあり幅広く使われています。最近は人間ドックや健診などにも組み込まれていることも多く、初めて胆石が指摘されたという患者さんも少なくありません。また同時に胆石の大きさや個数、さらには胆嚢が腫れたりしぼんでいないか、胆嚢の壁が厚くなっていないか、後述するポリープや腫瘍ができていないかなども確認できます。
一方で胆管にある結石の場合は、消化管ガスの影響で腹部超音波検査による診断が難しいことがあります。その場合はCTやMRIによって診断します。CTは放射線を利用して撮影し、画像を三次元に表示して診断します。また造影剤を点滴しながら撮影する場合もあります。MRIは放射線被ばくもなく負担が少ない検査ですが、閉所恐怖症の方や体内に金属を埋めている方、刺青の方は検査ができない場合があります。さらに最近では内視鏡の先端に超音波を発するプローブが付いている超音波内視鏡という新しい装置を利用して、胃や十二指腸といった体内から胆嚢や胆管に向けて超音波をあてることで通常の腹部超音波検査に比べて、より詳細に観察・評価することが可能となっているため小さな結石も映し出すことが可能となっています。

では胆石の治療にはどういったものがあるのでしょうか?

胆嚢結石は、症状がある場合には全身麻酔下での手術による治療が原則です。手術は胆石だけを取り除いても再発することが多く、再手術になってしまうことから、基本的には胆嚢ごと摘出します。以前は開腹手術が行われていましたが、現在は腹腔鏡下胆嚢摘出術が第一選択となっています。腹腔鏡下の場合傷口が小さく、術後の痛みも少なく、日常生活への復帰が早いことが特徴です。
手術以外にも胆嚢や胆石の状態などによっていくつかの治療法があります。例えばコレステロール結石の場合、石の大きさが15mm以下・石灰化を伴わない・胆嚢の収縮機能が正常な場合は胆汁酸製剤の溶解効果が期待されます。1年間の胆汁酸製剤の内服で30%前後の結石の溶解に成功しますが、内服を中止してそのまま放置すると約半数以上に再発するため、結石が溶けた後も内服を続ける必要があります。
次に症状がない胆嚢結石は、「無症状胆嚢結石」といわれ、この場合は予防を目的とした手術は推奨されていません。ただ確率は低いと言われていますが、胆嚢結石が胆嚢癌の危険因子であるとする多くの疫学研究が報告されていますので、手術を行わない場合でも定期的に経過観察することが望ましいと考えます。
胆管結石と肝内結石の場合は、放置しておくと胆管に石が詰まって寒気を伴う高熱や腹痛、黄疸といった症状が特徴の胆管炎を生じる危険が高いため発見した時点で治療を行います。治療法には外科的な方法と内視鏡を用いる方法があります。外科的な方法は胆嚢結石と同様に全身麻酔下での手術ですが、胆管炎を発症し体調が悪い場合には、体への負担を少なくするために内視鏡を使って滞った胆汁が流れるようにチューブステントといわれるストローのようなものを胆管内に留置する方法が一般的です。そして胆管炎が落ち着いたところで改めて内視鏡を用いて石を取り出します。具体的には胆管の出口である十二指腸乳頭部を専用の内視鏡器具を用いて切開するか風船で拡張して出口を広げてから、バスケットカテーテルと呼ばれる「かご」のような器具を胆管内に挿入して石を掴んで取り出し除去します。どの治療法を行うかは、結石の大きさや個数、胆嚢結石の有無、患者さんの状態などで異なります。

最後に治療を受けた後はどうなるのでしょうか?

胆嚢結石の治療として胆嚢摘出手術を受けられた場合は、通常それで治療終了となります。一方で胆管結石は治療した後も再発することがあります。特に胆嚢結石を合併していた場合は、結石が再び胆管に落ちてきてしまうことがよくあるため、後日胆嚢結石の治療を行うことが一般的です。一番問題となのは、肝内結石です。肝内結石は他の胆石症と比べて治療が難しく、再発や合併症が問題となります。結石の再発とそれに伴う胆管炎を繰り返すことで胆管が徐々に細くなり胆汁の流れが滞るようになると、最後は肝臓自体が硬くなり肝硬変の状態になってしまいます。また肝内結石の患者さんには肝内胆管癌が多く起こることが知られています。肝内結石の治療後しばらく経過してから癌ができることもしばしばあるため、肝内結石の治療を受けた後は定期的な通院が特に重要です。

かけあしでの説明になりましたが、胆石について一般的な概要を説明させて頂きました。
皆さんの病気や治療に対する不安が少しでも軽減されたのなら幸いです。
もちろん、当院へ直接来院して頂ければより詳しく説明させて頂きます。

TOPへ戻る
058-245-3300058-245-3300 24時間WEB予約24時間WEB予約